デジタルメカエンジニアコース

機械システム系|デジタルメカエンジニアコース

めざましく変化する生産現場で活躍できる人材の育成

現代日本の生産技術の現場は、生産形態が大きく変化しています。設計では、従来の2次元CADから、簡単に部品形状の作成や重量が計算でき、組み立てた部品の干渉までもチェックできる3 次元CADや、荷重を加えた場合の強度・変形もコンピュータ上で検討できるCAEが使われています。生産現場でも、3次元CADで設計したモデルから、NC工作機械の加工プログラムを自動作成するCAMなど、多くのデジタルツールが使用されています。
デジタルメカエンジニアコースでは、これらのデジタルツールと共に、実際の工場で使用されることが多い最新の高精度NC工作機や汎用工作機械、溶接まで幅広く学習し、生産現場に即応できる人材の育成を目指します。

専門カリキュラム

  • CAD/CAM演習

    最新の3次元CADを用いて、自由曲面を含む3次元形状の設計手法を学び、その形状を実際に加工するためのCAMの使用方法を学びます。CAMを活用するためには、工具の種類や加工するための条件を設定する必要があります。実際に加工することによりそれらを身につけることができます。(CADとは、コンピューターを使用した設計・製図のことです)

  • 3次元測定演習

    機械の現場では、要求される精度が年々厳しくなっています。その上、出荷の際は製品の精度を保証することが必要ですが、従来の測定法では困難なケースも多々あります。そこで、製品の形状を立体的に測定することが可能な3次元測定機の使用方法を習得し、実践力を養います。
    そこで、製品の形状を立体的に測定することが可能な3次元測定機の使用方法を習得し、実践力を養います。

  • 3DCAD

    3次元CADソフト(CATIA)を使用し、モデリングの手法や部品の組立(アセンブリ)などの基本操作を取得します。最終的には、機械組立実習や卒業研究などで活用し、3次元データから実際の物の製作までの一連のものづくりを体験します。

  • CAE実習

    CAEとは、コンピューター支援設計のことで、コンピューター上に擬似的に再現した製品の強度や熱などの問題を評価する技術です。CAE実習では、機械設計技術者に欠かせない汎用構造解析ソフトウェアを活用しての主に強度計算手法を習得します。

  • 機械組立実習

    機械組立実習は、1年半の間に学んだ、測定、製図、CAD、機械加工の集大成になります。
    今ある装置を分解・測定し、3次元CADで部品がうまく動くか?穴の位置は間違っていないか?などを確認し、次に加工のための2次元の図面を2次元CADで作図します。そして、機械を使って加工するために、加工の手順をまとめます。与えられた加工手順ではなく、自分で考えることは、これまでの加工実習の経験をフルに発揮しないと出来ません。それから加工ですが、加工の仕方によっては、狙った寸法や平行・直角が出ません。最後に出来上がった部品を組立てますが、うまく動くと非常に達成感がある実習です。

  • 溶接工学

    近年溶接の重要性が見直されてきております。工科短大校では平成31年3月に、被覆アーク溶接、炭酸ガスアーク溶接、TIG溶接機という3種類の溶接機が設置された溶接ブースを7ブース備えた溶接実習室を完成しました。溶接の基本である被覆アーク溶接溶接。鉄鋼業や造船、近年では自動車業界でも使用される炭酸ガスアーク溶接。アルミも溶接可能なTIG溶接。これらの機器を使用し、溶(と)かして接合する溶接の基礎を学び、機械の製造や保全の現場に対応できる技術を身につけます。

取得可能資格(受験指導)

国家技能検定
(汎用旋盤2級、フライス盤2級、マシニングセン タ3級、数値制御旋盤3級、電気系保全3級、機械検査2級、機械系保全2級、機械・プラント製図2級)

アーク溶接特別教育

就職情報へのリンク

デジタルメカエンジニアコース就職先

系・コースの紹介

▲ページトップへ戻る