デジタルエンジニアコース

機械システム系|デジタルエンジニアコース

競争に勝ち抜けるデジタル技術を身につける

現代日本のものづくりにおいて、さらなるデジタル化が新しい時代を生き抜くキーワードとなり、製品開発サイクルの高速化がますます進むことで、それらに対応することのできる技術者の需要がさらに高まることが考えられます。「デジタルエンジニアコース」ではその基本となるデジタルツールを利用したものづくりの基礎や生産設備における保守・保全技術を学び、デジタル化された生産現場に即応できる人材の育成を目指します。

デジタルエンジニアってなに?

デジタルエンジニアリングとは、設計から製造におけるものづくりの一環の流れの中で3DCAD・CAM・CAE・3Dプリンタ・3Dスキャナといったデジタルツールを活用し、より効率的で能率的な生産を行うことを言い、これらを行う技術者のことをデジタルエンジニアと呼んでいます。ものづくりのデジタル化は製品の製造において欠かせない技術となっています。

専門カリキュラム

  • CAD/CAM演習

    3次元形状の設計手法を学び、その形状を実際に加工するための使用方法を学びます。CAMを活用するためには、工具の種類や加工するための条件を設定する必要があります。実際に加工することによりそれらを身につけることができます。(CAD:コンピューターを用いて設計するツール、CAM:加工プログラムを作成するツール)

  • 3次元測定演習

    製品の形状を立体的に測定することが可能な3次元測定機の使用方法を習得し、実践力を養います。

  • 3DCAD

    3次元CADソフト(CATIA)を使用し、モデリングの手法や部品の組立(アセンブリ)などの基本操作を取得します。最終的には、機械組立実習や卒業研究などで活用し、3次元データから実際の物の製作までの一連のものづくりを体験します。(モデリング:模型を作ること)

  • CAE実習

    設計の分野においては欠かすことのできないコンピュータを利用した構造解析技術について学びます。最新の構造解析ソフトウェアを用い、コンピュータ上で2次元や3次元の形状データに力を加えた時の変形の度合いや、力の流れなどについてのシミュレーション実習を行います。(CAE:コンピュータを用いて試作・試験を行える支援設計ツール)

  • 機械組立実習

    課題の製作を通して、3DCADなどデジタルツールを利用した設計から製作までの一連の製品製造工程を体験します。グループで協力し一つのものを作り上げるプロセスを学ぶことで、加工・組立・制御における総合的かつ応用的な技術・技能やチームワークの大切さを習得します。

  • 溶接工学

    溶接の基本である被覆アーク溶接溶接。鉄鋼業や造船、近年では自動車業界でも使用される炭酸ガスアーク溶接。アルミも溶接可能なTIG溶接。これらの機器を使用し、溶(と)かして接合する溶接の基礎を学び、機械の製造や保全の現場に対応できる技術を身につけます。

取得可能資格(受験指導)

国家技能検定2級
(機械保全、普通旋盤、フライス盤、機械・プラント製図)

国家技能検定3級
(フライス盤、マシニングセンタ、数値制御旋盤)

アーク溶接特別教育

就職情報へのリンク

デジタルメカエンジニアコース就職先

系・コースの紹介

▲ページトップへ戻る