プランナーコース

建築システム系|プランナーコース

企画・提案力に強い プランナーを養成

これからの建築業界では、環境への配慮や社会システムの変化、多様化するライフスタイルに目を向け、対応を図ることが求められています。プランナーコースでは、コストを意識しながら基本計画から設計図書作成に至る一連の建築設計プロセスを学びます。
課題設計の中ではシミュレーションツールを駆使しながら心理的要素に配慮し、嗜好に合わせたカラーやインテリアのアイテム、素材を組み合わせ居住空間を提案するコーディネートの手法を学びます。また、製作の節目毎にプレゼンテーションを重ねることで、自分の考えを相手に伝え、また相手の考え方も理解するコミュニケーション力を養う機会を設定します。

専門カリキュラム

  • 住宅プレゼンテーション実習

    設計は施主の要求を的確に捉え、デザインする力が求められると同時に、提案の主旨や内容を相手に伝え、理解を得る能力が必要です。実習では、施主とプランナーという立場を設定し、プレゼンテーションボードやデジタルツールを駆使して、実務的な問題解決型のプレゼンテーションの技法を学びます。

  • インテリアエレメント

    内装材や家具、照明など、住空間を構成する要素を、居住者の嗜好や生活スタイルを把握しながら、トータルに考えていくことが大切です。インテリアエレメントでは、インテリアの各要素の組み合わせ、効果的な演出の仕方を図るための演習を行い、コーディネートの基本を学びます。

取得可能資格(受験指導)

  • 宅地建物取引士

卒業後取得可能資格

建築士

1級・2級ともに卒業後に受験資格が得られます。
建築士免許は、2級は試験に合格すると取得出来ますが、1級は試験に合格し、かつ、4年の実務経験を積んだ後に取得出来ます。

施工管理技士

2級は卒業後2年の実務経験を、1級は卒業後5年の実務経験を積んだ後に受験出来ます。

就職情報へのリンク

プランナーコース就職先

系・コースの紹介

▲ページトップへ戻る