大分県立工科短期大学校 | 電子情報エンジニアコース
電子情報エンジニアコース

電気・電子システム系|電子情報エンジニアコース

IoT、ビッグデータ時代に求められるエンジニアを養成

電子情報エンジニアコースではアナログ・デジタル電子回路の設計からプリント基板製作、動作解析までの一連の流れを総合的に学習します。また、IoT、ビッグデータやAIなどの最先端技術の実用的なスキルも磨き、社会のありようを変える”ソサエティ5.0”の実現に向けた次世代のエンジニアを目指します。

専門カリキュラム

  • データサイエンス入門

    ビッグデータを蓄積するだけでは、何の利益も生み出しません。そこで、統計学、情報工学、アルゴリズムや機械学習(AI)などの複数の分野の知識を利用して、データから価値を引き出します。これをデータサイエンスと言います。講義では、統計学などの視点からデータを分析する手法を学びます。

  • IoTシステム概論

    電子・情報機器(IoT機器などデジタル家電)で活躍しているマイコン(マイクロコンピュータ)の仕組みやプログラミング方法について学習します。各種センサやモーターなどを実際に制御して、それぞれの制御方法を学びます。

取得可能資格(受験指導)

  • ディジタル技術検定2級(情報部門)
  • IoTシステム技術検定(基礎検定)

就職情報へのリンク

電子エンジニアコース就職先

系・コースの紹介

▲ページトップへ戻る