キャリア教育・就職支援

キャリア教育・就職支援

工科短期大学校では、入学直後からキャリア教育に取り組み、職業観や就業意識の形成・向上を図るとともに、一人一人の「個」に合わせた就職・キャリア設計を支援しています。

キャリア教育

本校の概要を理解し、ものづくりの基本姿勢を学びます。また、チームスポーツ等を通じて学生相互や職員と交流します。

経験豊富な外部講師の講演や工場見学などをふまえて、自分のキャリア設計に必要な基礎知識を習得し自身の将来像を描きます。

年数回、企業人を講師として社会経済情勢や生産現場の講義を受けます。企業が求める人材・必要なスキル・社会情勢などについて理解を深め、学習意欲・就労意欲の向上につなげています。

本校では、1年次に全員がインターンシップに参加し、企業において貴重な体験をすることで職業・キャリアに関わる意識を高めています。
参加前には、心構えや社会人としてのマナー等に関する事前セミナーを受講し、また、参加後には、インターンシップ受入企業を招き、報告会を開催しています。

本校に求人をいただいている企業を招き、本校主催の企業説明会を開催しています。これまで本校学生を採用してきた企業から、仕事の内容や話を直接聞くことができるため、自身の就職後の状況をイメージすることができます。また、県内外で開催される企業説明会へも参加しています。

就職支援

就職活動を支援するための演習を適宜開催しています。
職活動開始前:就職活動のスケジュール、心構え、就職状況、自己分析・企業研究の方法などを学びます。
就職試験の直前:社会人としてのマナーや身だしなみ、準備と心構えなどを学びます。(模擬試験、適性検査など)
就職試験期間中:筆記試験や面接試験のための個別対策などを学びます。

希望する就職先や職種にマッチしたコース選択をし、就職後に必要となる知識や技術・技能を重点的に学習します。

本校で習得したものづくりに関する知識や技術・技能を総合的に活用し、実験・設計・製作などを通じて実践力と問題解決能力を身につけます。

資格取得支援

企業や社会で必要となるスキルを身につけるため関連する資格を取得するよう、全校的に指導しています。

社会人になるために

コンプライアンス(交通安全、人権、薬物乱用防止等)、健康管理、労働法制等についての研修を行っています

学力支援

入学時から数学や一般常識などについての講座を開催し、エンジニア・社会人として必要となる学力を習得・定着させるための支援を行っています。

▲ページトップへ戻る