大分県立工科短期大学校

| お問い合わせ | 交通アクセス | サイトマップ |

大分県立工科短期大学校


各系・コース紹介

機械システム系

"ものづくり"のプロフェッショナルへの道
 "ものづくり"の現場は技術標準のレベルアップ、新技術の導入など日々変化しています。だからこそ、技能・技術者は豊富な知識を持ち、あらゆるシステムに精通しなければなりません。
 機械システム系では、製造業の現場において求められる"ものづくり"を担う人材育成を目指します。1年次では、基本的な機械・電気・情報・制御を総合的に学び、2年次では、より専門性を追求した「デジタルメカエンジニアコース」「自動化システムエンジニアコース」「金型エンジニアコース」の3つのコースに分かれて学びます。そして、総仕上げである卒業研究で、2年間学んだ知識・技術を基に、問題解決能力を育み、就職先の企業で即戦力となれるよう自己研鑽します。

1年次のカリキュラム

機械設計(CAD)

基本的な製図や関連分野の知識を基に機械の設計に取り組みます。1年次では基本である機械製図や2次元CADを通し、製図がしっかり身につくように講義と演習を繰り返します。製図の知識・技術は、将来的にどんな職種( 設計・加工・品質管理・保全)においても求められます。
 

加工技術

"ものづくり"の基本は、自分の手で機械を操作し、作り上げていくことです。1年次では、汎用工作機械( 手で操作する工作機械)を使用し、"物を加工すること"から学びます。さらに、最新のNC工作機械(Numerical Control:数値制御)の操作方法やプログラミングを学びます。

測定

ものを作る際には「あと、どれだけ加工する必要があるか」、完成した際には「設計された図面どおりにできているか」を判断します。その重要な技術が測定です。ノギス・マイクロメータなどの基本測定法から、最新の3次元測定機を用いた3次元測定法までの、測定技術を学びます。
 


電気・電子

工場の設備は、機械だけでは動きません。機械を動かすためには、その動力源となるモータの駆動回路などの「電気」の知識と、機械の動作を検出するセンサなどの「電子」の知識が必要です。機械を学ぶ者にとって、これらの電気・電子の基本的な知識は欠かせない重要な要素です。

制御

工場の機械は、スイッチやセンサで動作を検知し、モータやシリンダなどの機能部品を決まった順序で動かすことで所定の働きをさせます。この一連の動作が「シーケンス制御」です。1年次では、シーケンス制御の基本を学び、制御プログラムの作成まで実習を行います。

情報

機械関連の職場では、報告書をワープロソフトで作成し、データを表計算ソフトで整理して、その結果をプレゼンテーションソフトで発表します。CADなどの専門的ソフトの操作を行う際にも、パソコン知識は必要です。実習では基本的な操作方法から応用まで学びます。


取得可能資格(受験指導)

  • 国家技能検定
    (汎用旋盤3級、フライス盤3級、機械系保全2・3級、機械・プラント製図3級、シーケンス制御3級)
  • CADトレース技士(CADトレース技能審査 初級・中級)
  • 品質管理検定(QC検定)3級
  • 産業用ロボット(教示)特別教育

2年次のコース