大分県立工科短期大学校

| お問い合わせ | 交通アクセス | サイトマップ |

大分県立工科短期大学校


各系・コース紹介

機械システム系|自動化システムエンジニアコース

機械技術と電気・電子技術を融合できるエンジニアになる 
 工場では、製品を作るために人手を要しない自動化された生産システムが導入されてきました。自動化により、高効率で大量に安価に、そして均質で高精度な製品の生産が可能になります。生産システムには「機械の知識・技術」を要しますが、それだけでは不十分で、電気・電子・制御などの知識も組み合わせた総合的な技術が必要です。
 自動化システムエンジニアコースでは、機械を自由自在に動かすために「電気・電子の基礎」をより深く理解し、センサ、アクチュエータなどの「メカトロニクス工学」、工業用コンピュータ(PLC)を用いた「シーケンス制御」について総合的に学び、自動化システムの構築・保守のできるエンジニアの育成を目指します。

専門カリキュラム

メカトロニクス工学

機械を電子制御して思いどおりに動かすことを可能にするメカトロニクスの代表的な例として、産業用ロボットやNC工作機械があります。実験・実習では、光電センサや超音波センサなどの各種センサと、モータや空気圧シリンダなどのアクチュエータを組み合わせた制御方法を学びます。

FAシステム実習

FA(Factory Automation)とは、コンピュータによる制御技術を利用し、ロボットなどを用いて工場を自動化することです。実習では、各種センサや油空圧機器、モータなどを組み合わせて、コントローラによるシーケンス制御を行うことにより、工場の生産ラインを自動化する方法を習得します。


取得可能資格(受験指導)

  • 国家技能検定
    (電気系保全3級、シーケンス制御2級、機械系保全2級)